2006年01月20日

iPod買い替え計画@中国大連

>更新停止期間中にこのサイトを訪問された方々。

ありがとうございます。
ご無沙汰しておりました。
いわもんです。


何やら日本ではライブドアが世間を賑やかせているようですね。



で、インターンの現場はどうなっているのかと言えば、特に変化無しですね。



それよりもブログを更新していない間に色々とありました。

人生初のスキーに行った後に激しい筋肉痛に見舞われ、時を同じくしてiPodが一時的に故障したり(現在は何とか動いてる)、極め付けに「ライブドアショック」ですよ。




そりゃビビります更新のモチベーションに影響しますよ〜。





暫くお休みを頂いたので、これからはいつも通り下らない更新をして行きますので今後ともよろしくです!




それでは自称楽しいブログの更新再開とさせて頂きます。





今日は1日暇だった事もあって、オンラインショッピングに熱中していました。


最近欲しいモノが多いんですよ。



まず、先日iPodが充電器に接続しても充電が開始されず、USBに接続しても反応が無いという絶望的な状態に陥ってしまったので、新しいiPodの購入を検討しています。


先にも書きましたが、何とか現状使える状態なんです。







だったら何で新しいものを……?って思いますよね。。
















だって、電池が30分も持たないんですよ。




読売ポッドキャストを聞いたら電池切れなんて、もはやポータルオーディオプレイヤーでなく、ただの持ち歩けるハードディスクと何ら変わらない状態なのです。






で、新しいiPodを購入するか電池交換サービスを利用するかどうかひたすら1日中ネットを調べて検討していました。


※ちなみに中国でもiPodは販売されていますが、日本より2、3割も高いので買う気になれません…。




インターネットで調査を行った結果、電池を交換する場合の現実的な選択肢は下記の2つ。


1.Appleに有償で申し込む

費用:6,800円(税込み)


2.民間の交換サービスを利用する

費用:4,980円(税抜き)



それぞれのメリットとデメリット。


■メリット

○Apple
・Appleのオフィシャル修理プランで安心。
・アップルストアで購入された方でIPODの背面に文字刻印のパーソナライズをされた人は同じ刻印を無償で行ってくれる。
(つまり背面パーツが新品になるので電池交換の際の傷などは一切付かない)

○民間
・費用が安い。
・業者の情報によると約25%電池容量がアップする。
・業者に到着してから約3営業日で返送される(Appleより圧倒的に納期が早い)

■デメリット

○Apple
電池だけでなく本体自体にも問題があると本体の修理の可能性がある。
(修理するかどうかは修理に出す前に選択可能)

○民間
電池交換の際にiPod背面に傷が付く場合がある。
(これは所有者それぞれの価値観によって変わるので一概にはデメリットとは言えないかもしれませんが…)





メリット説明は面倒なので割愛しますまぁ良しとして、デメリットに注目して頂きたいですね。



まずアップル。


電池交換の際に本体にも故障が見受けられたら修理というのは分かりますが……




分かるけれども、このボッタクリ修理費用は一体どういう了見ですか?




ipod2.jpg



31,000-(税別)



新しいiPodを買わせる戦略ですかこれは…。

まぁ…、あまり深く言及すると色んな所から苦情が来そうなので、これ以上のコメントは控えますが…。





そして民間企業。

費用、納期ともに満足できるレベル。



だけど自分みたくiPodにパーソナライズ刻印入れている方々にはiPod背面にキズが付くのは頂けないのでは…。

特に自分みたく保護シールとか貼ってる人にとっては。。


ipod1.jpg



このiPodとは大学生活の大半を一緒に過ごしたので大事に(せめてポータブルハードディスクとしてでも)使いたいんですよ。。

とか言って、何度か落っことしたりしていますが。






そんな経緯で……前置きがかなり長くなってしまいましたが。。

検討した結果、「やっぱ新しいの買うか」って事になりました。



検討とか書いていますが、一番の購入決定材料は、ただ単に自分が新しいiPod欲しいから理由付けに必死になっているんじゃないかと頭をよぎったり…。


買うとしたら第五世代iPod30Gしか購入視野に入れていないので、第五世代iPod30Gを購入することを前提でお話を進めます。



ここでも入念なネットサーフィンでの調査・検討を行った結果、以下の選択肢が浮上。


余談ですが、新しいものを買う時って事前に調べモノをして色々と悩むのが華ですよね?
やっぱり事前調査無しではせっかく買った商品に愛着が湧かないですよね?


この感覚、分かる人は『ニヤリ』と笑って下さい。
分からない人は呆れずに寛大の御心でスルーを……。







1.アップルストアパーソナライズ刻印サービスを利用して購入する。


2.延長保証があるショップで購入する。


3.とにかく一番安い店で購入する。




1の選択肢だとメリットはパーソナライズ刻印サービスだけ。
保証は一年だけだが、アップルのオフィシャル延長保証サービスを申し込むことで保証がもう1年延長される。
ただ、1年の延長保証で7,140円が高いと感じるか妥当と感じるかは人それぞれかな…


2の選択肢はiPodと長く付き合う方は必須でしょうか。
iPodはポータブルオーディオプレイヤーとして持ち歩くので、やはり長期保証は必要不可欠かと。
色んなショップの延長保証サービスを比較した結果、iPodは定価販売だけれどもソフマップが一番良いかと。
掛け金3,000円で5年保証。
(保証内容の詳細についてはコチラコチラを参照)



3はパーソナライズ刻印が必要無い人なら間違いなくここかと。
送料無料を考慮するとSuccessさんが業界最安値でしょうか。

アップルストアやソフマップが定価の34,800円で販売しているのに対して、サクセスiPod31,880円(送料無料)という破格のプライス。






うーん、自分なりにまとめてみましたが、改めて見直しても即決できないですねー…。


実は他にも色々と欲しいモノがあって、そっちでも悩んでいたり。




ipod_224-100.gif





暫くは「悩める華」の時期を過ごせそうです…。
posted by いわもん at 17:30| 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11973015

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。