2006年01月31日

春節後の街から

春節の時に撮り貯めた写真の整理が面倒臭いに時間を要しているため、イキナリ「春節その後」で春節を語る順序を自分で考えておきながらイマイチだなぁ、と思っている次第であります。




と言うのも、春節後の写真とか殆ど無いのですよ。





少ない写真なりに春節後の大連の街からお届けさせて頂きます。

(なんか投げやりな更新だなぁ…)






hanabi6.jpg

hanabi8.jpg

hanabi7.jpg



上の写真は市内のとある広場に山積みにされて捨てられていた打ち上げ花火の残骸です。




この打ち上げ花火、普通に春節前頃から道端の露店で販売されていました。




つまり、誰でも買えるということです。





この打ち上げ花火の火力を後日静止画及び動画にて紹介の予定ですが、日本でこの花火を一般大衆向け販売したら間違いなく良くて罰金、悪くて獄中生活ですね。










場所変わって、これはウチのベランダです。


beranda1.jpg





春節前に事前に購入していた比較的安全な花火の残骸です。




去年の夏に散々探し回っても見つからなかった待望の花火でしたが、目の前で打ち上げられる打ち上げ花火の前では、虚しさすら感じましたよ。











というわけで、オチも無ければ全然春節感を伝えられない「春節その後」でした。










明日からメインの「春節その時」をアップして名誉挽回します。




乞うご期待!!
posted by いわもん at 17:57| 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月30日

春節レポート更新予告

1日遅れになりましたが、中国大連より、明けましておめでとうございます。





今日は時間が無いので難しいですが、明日から三夜連続にて春節レポートをアップしたいと思います。



春節レポートの更新スケジュールは下記の通り。



■その1■

春節後の街から



■その2■

春節その時〜静止画編〜



■その3■

春節その時〜動画編〜





最終日はリッチに動画アップの予定です。


ただ現時点での予定であって、「想定外」の阻害要因が発生してしまうと已む無く予定変更の可能性もあり得るのでご了承下さい。。










お楽しみに〜♪
posted by いわもん at 17:06| 大連 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月29日

明けオメ!〜元旦からリポビタンを飲む〜

昨日の夜は結局花火を見るために戦場市内まで出ました。


その時の写真(及び動画)をたくさん撮り貯めてあるのですが、「今日の朝に食べた料理が夕方になっても消化されない」という極限の胃もたれが発生しているので、また後日に紹介しようと思います…。


上記のような体調のため、コメントのレスもままならない状態でありまして。。

明日中にはきちんとコメントを頂いた方達にはレスを付けますので、今日はこのままゆっくりと休みたいと思います。






コレを飲んでね。








ripobitan1.jpg








あと、昨日花火を見るために昨日の夜だけで合わせて1時間ぐらい夜空を見上げていたせいか、肩こりが酷いです。
(歳かな?)


リポビタンを飲んで明日からも適度に頑張りたいと思います!
posted by いわもん at 18:01| 大連 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月28日

中国では今日が大晦日

大晦日の中国大連からお届けしております。

今日の夜と明日の朝は爆竹の炸裂音に町が慟哭するらしいのですが、自分は何をするかと言えば特にコレといった予定が無いです。








強いて言えば、夜にイカの乾き物をおつまみに、大連干酒を飲み交わしながら、M君と2人っきりでPS2の「キング・オブ・ファイターズ」で対戦するぐらいです。








なので、楽しい爆竹写真とかアップする予定はありません…。




男2人で町に出てても、新年を祝福するどころか、恨みそうですから…。









写真先日、マイカルに行った時、店が旧正月仕様に飾り付けられていたのでその写真をアップしておきますね。



mycal1.jpg

mycal2.jpg

mycal3.jpg








今年は「戌年」なので、実は自分、年男なんですよね〜。


街中の様々なところに「戌」の飾りつけがあって、何だか自分が祝われているみたいでプチハッピー気分です自意識過剰?)






なんだか1年で二回も新年を体験できて、得してるような得していないような複雑な気分です。









皆さんも良いお年を!!
posted by いわもん at 12:50| 大連 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

中国で過ごす手袋はコレ!!

大連の冬は寒い寒いと聞いておりましたが、案外「想定内」だな、と思う今日この頃です。




冬と言えば、手放せないのが「手袋」ですよね。



ところで、皆さんはどのような手袋を愛用されていますか?


冬は常用して使う事が多いので、『持ち主のセンス』が伺えるアイテムです。














ちなみに、自分が愛用している手袋はこぉ〜んな素敵な手袋です。






















miton1.jpg

miton2.jpg





ミトンです!!


しかも熊(クマー?)をモチーフにしたキャラクターもの





ミトンと言えば、親指以外の四本の指がくっ付いているのが特徴。


指の自由度が制限されているため、客観的に考えれば、普通の手袋に比べれば圧倒的に機能性に欠けます。





だが、しかし。

この不便さを甘んじて(喜んで?)受け入れるのが、ミトンユーザーの責務であり、誇り。








否、ロマン(謎)。







インターンシップ生の中には、自分以外にも勿論ミトンユーザーは存在します。


中国に来てこんな素敵な出会いがあるとは思いませんでした。







我の宝具ここに在り!







ミトン布教活動の一環として、一部のサイト様にトラックバックを敢行する予定です。

ミトンの会(今作りました)中国大連支部長はこの私『いわもん』を差し置いて他にはあり得ないでしょう。








余談ですが、中国では異性に手袋をプレゼントするのは、相手に好意があるということになります。





GLOVE(手袋)


G(ive)LOVE

















自分には、あげる人もくれる人も居ませんでしたが…。














※ミトンで手は暖かくなっても、心は温かくならないのでご注意を。
posted by いわもん at 19:13| 大連 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月26日

夜間業務の懐刀〜ライブドアインターンシップ料理五虎将筆頭の実力は!?〜

夜間の業務に移ってから、ふと素敵な女性が現れて餌付けされることを期待しつつ業務に勤しむ毎日ですが、夜間業務に移って早半年以上が経過……。



素敵な女性が現れるどころか、出会いの機会だけでなく、仲が良かった方達(女性)とも疎遠になる始末。。。




即ちこれ「想定外」と言ふ…。









どうでも良い前置きはこのぐらいにしておいて本題。



我が夜間業務には、紅一点で共に頑張る戦友?のKさんが居ます。




Kさんが夜間業務の懐刀と言われる由縁は、その傑出した料理スキルにあります。





つい先日は、その傑出した料理スキルを生かして元旦に余っていたお餅から「あられ」を作ってくれました。


arare1.jpg



しかも、夜間業務の野郎共仲間のために、随分と多めに作ってくれる気遣い…。







味の方は、中国市販のお菓子と「互角…否、それ以上」



三国志的に表現するならば、料理スキルにおけるライブドアインターンシップ五虎将筆頭の肩書きに恥じぬ仕事ぶり。




いやー、手作りとは思えないぐらい美味しかったです♪

arare2.jpg





夜間業務ならではの夜食ネタは結構ストックあって、いつか公開しようと思っているのですが、如何せん恵まれていない職場での食生活を露呈させそうでなかなか公開する決心が付きません。






ご馳走→夜食→ご馳走→夜食………みたいな感じで夜間業務に対するイメージの上げ下げ更新を水面下で画策中。




いつ公開になるかは未定ですが、乞うご期待!?
posted by いわもん at 14:14| 大連 | Comment(1) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

大連美食倶楽部に参加してみた〜N料理長HSK6級合格祝い〜

先日、大連美食倶楽部の集いに参加して来ました。


大連美食倶楽部と言えば、ライブドアインターンシップ生の中では知らない人は居ないであろう、M氏の掛け声1つで集まるM代表取締役直属の少数精鋭料理集団




M代表取締役の全面的な資金協力の下に、これまでにも様々な料理を企画、提供してくれています。



記憶に新しいのは、大晦日の年越しそばや(詳しくは「年越しそば@ライブドアチャイナ」を参照)、ブログには書きませんでしたが、元旦にはお雑煮も作っています。


元旦に食べたお雑煮の写真が未公開だったので、この際ついでに公開しておきます。


zouni.jpg

味のほうはもちろん、「ウンマァァ―――イィッッ!!」













今回は大連美食倶楽部料理長であるNさんのHSK6級合格祝いということでNさん宅で鍋を囲むことに。


※Nさんは1日平均10本ビールを飲む飲んだくれ大酒豪ですが、中国語を全くのゼロから始めて一年でHSK6級を取得された凄い人です。
ちなみに年齢は自分の歳×2ぐらいです。






主役が慣れた手つきで下準備をする様子。

bisyoku1.jpg


大連美食倶楽部料理長は自分が祝われる立場であっても、もてなしの心を忘れません。

※料理長は仕込みの最中にも片手にはビールを忘れません。






しいたけ1つ1つに丁寧な細工をする料理長に参加者皆脱帽。

bisyoku2.jpg








鍋に入っている団子はイカと思って買ったら実は違った謎の海鮮系団子。

bisyoku3.jpg


気になる団子の味の方は、煮えたらあっという間に売れ切れるぐらい美味しかったです。








鍋を囲む様子。

bisyoku4.jpg


M代表取締役を脇に、何故か上座に座っていた自分。

こんな席順で良いのか大連美食倶楽部。


※余談ですが、後から人が増えて椅子が足らなくなったので今回の主賓であるはずのN料理長ただ1人だけ立食されていました…(申し訳ない)。





上の写真右手前にある落花生(中国名「ひまわりのたれ」)が思いのほか美味しくて、具が煮えるまでみなさんのビールのお供になっていました。

※誤字


手前にあるのは中国のビールの中で最も有名な青島ビールです。

瓶には北京オリンピック公式スポンサーのロゴが誇らしげに貼られています。

しかし、味は大連干酒というビールに劣る?



写真左手前の「いいちこ」はどこで手に入れたのかは知りません。

「お酒飲みは惹かれ合う」の法則でどこからかN料理長邸に届いたとか、大連で買ったとか…。













完成した鍋は醤油のみで頂きましたが、美味しかった〜♪

bisyoku5.jpg





この日の翌日、M代表取締役は日本に帰国だったので、M代表取締役だけ一足先に滞在先のホテルへお帰りになられました。




M代表取締役が居なくなってからみんな会社の悪口言ってましたよ(嘘)。

※実際はスタッフとの間に壁を作らず、仕事しているのか遊んでいるのかよく分からない一見タダのおじさんですが、スタッフからの信頼は厚い?












会を開いたのは9時ですが、結局深夜3時ぐらいまでやっていました。


世間話から始まり、いつの間にか終わり頃には水滸伝、三国志の武将のマニアックな話で盛り上がっていました。



蜀の黄忠、厳顔の老将軍2枚看板とか、劉備と公孫讃が盧植先生の同門とか、貂蝉は実在しないとか…。



深夜3時前に、すっかり出来上がったN料理長が突然ノートを持ち出し




「三国志の武将の名前を漢字でいくつ書けるか」




という勝負を始めようとした時は正直迷惑でした…。




早く帰りたかったので、「董卓の下の名前を漢字で書けますか?」という意地悪な質問をして勝負を潰したのは自分です。


その一言で結局勝負は流れ、自分だけでなく残っていた参加者、次の日早番だったN料理長自身をも救ったと自負しています。





皆さんは董卓の字(下の名前)知っています…?




























勿論自分は知ってます。

ただし、さっき調べたからですが。
posted by いわもん at 18:55| 大連 ☀| Comment(1) | TrackBack(3) | 中国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

パソコンに潜む危険

今日時間があったので、Ad-AwareSpybotを導入してアドウェア、スパイウェアが無いかチェックしてみました。



自分はこれまでセキュリティ対策ソフトは、ノートンのノートン・アンチウイルスだけを使用していました。






それだけで十分かと思っていましたが、今回2つのソフトでスキャンをかけて自分のセキュリティに対する認識の甘さを痛感しましたね。









まず、Ad-Awareを導入してスキャンをかけてみたのですが、危険度「クリティカル」のアドウェアが9つも出てきました。

該当のアドウェアは即刻削除しましたが、「クリティカル」って一体どんなアドウェアだったんだろうか…。


スクリーンショットを撮っておけば良かったのですが、キモチ悪くてすぐに消してしまいました。。





その後にSpybotでも同じようにパソコンにスキャンをかけたのですが、出るわ出るわ。



spy1.gif
(クリックで拡大)



結果、19件ものスパイウェアが検出されてしましました。



スパイウェアの名前が、そのスパイウェアの機能を表しているモノが多かったので、いくつかのスパイウェアについては効果?が分かりました。


注)
Windows Security Center.AntiVirusDisableNotifyとWindows Security Center.FirewallDisableNotifyは、Windowsのセキュリティセンターの設定にSpybotが反応してしまうらしく、この2つはスパイウェアではありません。






英語でしたが、検出されたその他のスパイウェアの細かい説明などを見て思った事が1つ。






自分はブラウザにFirefoxを使用しているのですが、見つかったスパイウェアの3割ぐらいはFirefoxのCookie関連のものでした。






Cookieと言えば、IDとパスワードを入れるような認証サイトの情報を保存している部分…。

と言うことは、自分が普段利用していたサイトの個人情報がどこかに送信されていたりしたんでしょうか……?



面倒臭がりな自分は、認証サイトのID・パスワードの9割はブラウザに保存しています。


今回、Cookie関連のスパイウェアが多数発見されて、内心穏やかではないです…。









まだAd-AwareSpybotを試しておられない方は是非とも1度スキャンをかけてみることをオススメします。



2つのソフトの使用方法については下記のサイトを参考にすると良いと思います。


Spybot使用方法

Ad-Aware使用方法




皆さんも日頃からセキュリティ対策はしっかりと行いましょう!
posted by いわもん at 18:15| 大連 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

一時帰国のお土産は【仙台銘菓】「萩の月」

下の写真だけで何のお菓子か分かりますか?


hagi3.jpg










まぁ、記事タイトルにあるように仙台銘菓「萩の月」です。


インターンシップ契約を延長契約して、日本に一時帰国されていたSさんからのお土産です。


お菓子の化粧箱とかホントに豪華だったので、貰ってから即写真撮ってしまいました。

hagi1.jpg

hagi2.jpg


(最初の食べている写真が家なのは、会社だと勿体無くて食べられなかったからです…)









ちなみに僕は広島出身なので、『萩』と言えば山口県の「萩焼」が一番に思いつきます。




以下、回想。


小学5年生の時の修学旅行が山口県の萩でした。

その時、記念に「萩焼」を作ることになったんです。



萩焼の湯飲みの形は出来上がっていて、そこに自分で好きな絵を入れて、焼いてくれた後に学校に届けてくれる企画でした。






当時小学5年生だった自分は、山口にちなんだ絵柄を考えた結果。。





関門海峡の関門橋を描くことに決定。



早速、関門橋の絵を描きました。

ただ、関門橋の絵だけでは、かなりスペースが余ったので、「関門橋」とヒネリの無い文字を入れることに。











だが、しかし。





「関門橋」を間違って「関関橋」と書いてしまう大失態






「関関橋」のあってはならない2つ目の『関』の門構えの中の部分を消そうと、必死で指で擦りましたが、文字が薄くはなるものの、完全に消去することはできず…。






後日、完成した萩焼が萩から学校に送られて来て、先生が1人ずつ名前を呼んでオリジナル萩焼を配る際



自分が作った萩焼を見て一言。




「これ、関門橋の「門」の字間違った?」




と、先生に言われた時のことは未だに忘れられません。




このエピソードには続きがあって、その萩焼は家に持って帰ってからも悲惨でした。




その日の夜に、ウチの兄に早速割られましたからね…。


後で聞いた話ですが、ウチの兄が自分が作った萩焼で牛乳を飲んでいたらしいんですよ。


で、それを落としたらしく、自分が現場に駆けつけた時には、




床に牛乳まみれで粉々になった萩焼が散乱していました。





ホントにショックで、恥ずかしながら自分の部屋で泣きましたよ。

だって、自分で作ったお土産の萩焼で一回も飲み物飲んでいなかったですからね…。





今となっては、良い思い出です…。
posted by いわもん at 13:31| 大連 | Comment(7) | TrackBack(3) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

出社のお供はケンタッキーフライドチキン

今日は奮発して、出社のお供にKFCをテイクアウト。


IMG_2507.JPG



写真一番左側のカーネルおじさんの袋には、フライドポテト(大)(7.5元)が入っていたのですが、会社に到着するまでの電車の中で全部食べてしまいました。


写真真ん中の赤い箱は中国KFCの新メニュー「辛い肉(詳細な名前失念)(10.5元)」です。




中はこんな小さなサイコロみたいな肉が一杯入っています。


IMG_2508.JPG




味に文句は無いのですが、食べられるお肉と食べられない骨の比率が「肉:骨=6:4」ぐらいだったので、これで10元はボッタクリ高けぇよ〜って感じでした。






余談ですが、通勤電車の中でフライドポテトを熱いうちに食べるのに必死で、駅を1つ乗り過ごしました。


すぐに電車を降りてから直ぐに反対側の電車(会社に戻る電車)が来たので事無きを得ましたが。





これでもし遅刻とかしてたら、遅刻理由がかなりイタイ事になっていただろうな……。
posted by いわもん at 20:33| 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国大連ピザハットのアフタヌーン限定メニューを頂く

以前、「中国のピザハットは宅配ピザに非ず」にて、M君とピザハットに再び行くことを約束していたので、今日またまた行ってきました。








勿論、前回当てた紅茶引換券を持ってね!


piza14.jpg






自分はコーヒーと抹茶ケーキをオーダー。


pizaafternoon1.jpg

pizaafternoon2.jpg


ちなみに中国では日常的にコーヒーを飲まないので、お店で飲むコーヒーはどこに行っても割高。

中国の缶コーヒーも見たこと無いような…?

自分が見たことある範囲で言えば、KIRINのFIREぐらいかなー…。




ピザハットの抹茶ケーキは去年の夏以来、約半年振りに食べました。

半年前は「うめぇ〜!」って感じたはずなのに、今回はインパクトが弱くて「肩透かし」を食らったような気分でした。

でも冷たいケーキと暖かいコーヒーなんて、中国だと中々体験できない超贅沢なアフタヌーンですからね。

雰囲気だけでお腹一杯って感じでした。























M君と二人っきりだったって事を除けばですが。








ちなみに付き合ってくれたM君に紅茶引換券はあげました。




M君が注文したアイスティーが物凄く甘くて、ケーキを食べて「うめぇ〜!」って言った後、アイスティーを飲んで「あめぇ〜!」って嘆いていたのが印象的でした。



ちなみにコレ。

pizaafternoon3.jpg






でもM君が注文したケーキ美味しかったな〜。

pizaafternoon4.jpg





何てケーキか名前忘れちゃったけれど、出てくるまでに凄く時間がかかっただけあって、アツアツ&生地ホクホクで中国で久し振りに美味しいスイーツを食べた気がしました。










参考までに中国のピザハットのメニューです。


pizaafternoon5.jpg
(クリックで拡大表示できます)



全ての飲み物の量(何mlなのか)が記載されています。



こういう細かい部分の気配りが中国で高級店としてでのブランドを築き上げているピザハットがピザハットたる所以なのでしょうが。













またM君を誘って行くか…(哀)。
posted by いわもん at 18:00| 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月21日

中国的スキー場宣伝方法

さっき和平広場という大型ショッピングセンターに行って来ました。


一週間前にスキー場に行きましたっていう更新直後に。



















そしたら和平広場でスキーやってました。


suki-senden2.jpg

suki-senden3.jpg




そして仮設スキー場の目の前には未だにクリスマスツリーが立っています。


suki-senden1.jpg







仮設スキー場のすぐ後ろを見ると、スキーツアーへの参加を受け付けていました。
どうやらスキー場の宣伝でお店の前に仮設スキー場を作ったみたいですね。

suki-senden4.jpg




日本だと安全上の問題とかから絶対無理ですよね…。

と言うか、まさかお店の前で仮設スキー場があるなんて思いもしなかったので、ホントにビックリでした。














自分も一滑りすれば良かったかな……。


suki-senden5.jpg
posted by いわもん at 17:17| 大連 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国大連で人生初のスキーに行く

スキー行ってきました。

(実際に行ったのは一週間前ですが)



suki-1.jpg

suki-2.jpg

suki-3.jpg



会社が主催だったので、送迎バスからスキーウェアの貸し出しまで全て会社手配&費用は会社負担。


いやー、お陰で23歳にして初めてスキーができました。



ただ企画の名前が「私をスキーに連れてって!」って…。





なんてナンセンスなネーミン(略)。






これで夏に「私を海に連れてって!」なんて企画があったら……。










真夏に寒さで鳥肌が立ちそうです。












スキー自体は楽しかったです。



suki-4.jpg

この写真は初級コースのリフトです。

上に登るのに股に円形のイスのような物を挟んで上に登ります。



上級コースはちゃんとしたリフトでした。

suki-7.jpg


初めてリフトに乗った感想としては、そのあまりの高度に「遊園地のアトラクション」のような変な感覚でした。



恐えぇ〜

suki-8.jpg




上級コースのゲレンデはこんな感じ。

suki-9.jpg




昼食も会社負担。

suki-6.jpg


中華と言えばこの円形テーブル。
真ん中にぐるぐる回す台があって、自分が食べたい料理を取っていきます。





滑る人の中にはスキーウェア未着用の人もたくさん居ました。

suki-5.jpg


スカート姿の女性も見かけたのですが、カメラを向けるとストックが飛んできそうだったので自粛しました。




終わりの時間が近づいたので、荷物を預けていた部屋に戻ると、中国人がトランプしていました。

suki-10.jpg




去年の夏に会社企画で海に行ったのですが、浜辺でもトランプをしていました。



現在大連の外気温は零下ですが、街角(野外)でもトランプをしています。









いつかトランプマジックが出来る中国人に会うのが夢です…。







一日でそこそこ滑れるようになりましたが、思うように「曲がれない&スピード調整できない」で突進するように滑ってました。

最初はボーゲンっていう滑り方も知らなかったので、そう考えると結構上達したのかなぁ……。

次行く機会があったら、事前にgoogle検索で下調べをしてから行こうかと思います。

ではでは。
posted by いわもん at 13:48| 大連 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月20日

iPod買い替え計画@中国大連

>更新停止期間中にこのサイトを訪問された方々。

ありがとうございます。
ご無沙汰しておりました。
いわもんです。


何やら日本ではライブドアが世間を賑やかせているようですね。



で、インターンの現場はどうなっているのかと言えば、特に変化無しですね。



それよりもブログを更新していない間に色々とありました。

人生初のスキーに行った後に激しい筋肉痛に見舞われ、時を同じくしてiPodが一時的に故障したり(現在は何とか動いてる)、極め付けに「ライブドアショック」ですよ。




そりゃビビります更新のモチベーションに影響しますよ〜。





暫くお休みを頂いたので、これからはいつも通り下らない更新をして行きますので今後ともよろしくです!




それでは自称楽しいブログの更新再開とさせて頂きます。





今日は1日暇だった事もあって、オンラインショッピングに熱中していました。


最近欲しいモノが多いんですよ。



まず、先日iPodが充電器に接続しても充電が開始されず、USBに接続しても反応が無いという絶望的な状態に陥ってしまったので、新しいiPodの購入を検討しています。


先にも書きましたが、何とか現状使える状態なんです。







だったら何で新しいものを……?って思いますよね。。
















だって、電池が30分も持たないんですよ。




読売ポッドキャストを聞いたら電池切れなんて、もはやポータルオーディオプレイヤーでなく、ただの持ち歩けるハードディスクと何ら変わらない状態なのです。






で、新しいiPodを購入するか電池交換サービスを利用するかどうかひたすら1日中ネットを調べて検討していました。


※ちなみに中国でもiPodは販売されていますが、日本より2、3割も高いので買う気になれません…。




インターネットで調査を行った結果、電池を交換する場合の現実的な選択肢は下記の2つ。


1.Appleに有償で申し込む

費用:6,800円(税込み)


2.民間の交換サービスを利用する

費用:4,980円(税抜き)



それぞれのメリットとデメリット。


■メリット

○Apple
・Appleのオフィシャル修理プランで安心。
・アップルストアで購入された方でIPODの背面に文字刻印のパーソナライズをされた人は同じ刻印を無償で行ってくれる。
(つまり背面パーツが新品になるので電池交換の際の傷などは一切付かない)

○民間
・費用が安い。
・業者の情報によると約25%電池容量がアップする。
・業者に到着してから約3営業日で返送される(Appleより圧倒的に納期が早い)

■デメリット

○Apple
電池だけでなく本体自体にも問題があると本体の修理の可能性がある。
(修理するかどうかは修理に出す前に選択可能)

○民間
電池交換の際にiPod背面に傷が付く場合がある。
(これは所有者それぞれの価値観によって変わるので一概にはデメリットとは言えないかもしれませんが…)





メリット説明は面倒なので割愛しますまぁ良しとして、デメリットに注目して頂きたいですね。



まずアップル。


電池交換の際に本体にも故障が見受けられたら修理というのは分かりますが……




分かるけれども、このボッタクリ修理費用は一体どういう了見ですか?




ipod2.jpg



31,000-(税別)



新しいiPodを買わせる戦略ですかこれは…。

まぁ…、あまり深く言及すると色んな所から苦情が来そうなので、これ以上のコメントは控えますが…。





そして民間企業。

費用、納期ともに満足できるレベル。



だけど自分みたくiPodにパーソナライズ刻印入れている方々にはiPod背面にキズが付くのは頂けないのでは…。

特に自分みたく保護シールとか貼ってる人にとっては。。


ipod1.jpg



このiPodとは大学生活の大半を一緒に過ごしたので大事に(せめてポータブルハードディスクとしてでも)使いたいんですよ。。

とか言って、何度か落っことしたりしていますが。






そんな経緯で……前置きがかなり長くなってしまいましたが。。

検討した結果、「やっぱ新しいの買うか」って事になりました。



検討とか書いていますが、一番の購入決定材料は、ただ単に自分が新しいiPod欲しいから理由付けに必死になっているんじゃないかと頭をよぎったり…。


買うとしたら第五世代iPod30Gしか購入視野に入れていないので、第五世代iPod30Gを購入することを前提でお話を進めます。



ここでも入念なネットサーフィンでの調査・検討を行った結果、以下の選択肢が浮上。


余談ですが、新しいものを買う時って事前に調べモノをして色々と悩むのが華ですよね?
やっぱり事前調査無しではせっかく買った商品に愛着が湧かないですよね?


この感覚、分かる人は『ニヤリ』と笑って下さい。
分からない人は呆れずに寛大の御心でスルーを……。







1.アップルストアパーソナライズ刻印サービスを利用して購入する。


2.延長保証があるショップで購入する。


3.とにかく一番安い店で購入する。




1の選択肢だとメリットはパーソナライズ刻印サービスだけ。
保証は一年だけだが、アップルのオフィシャル延長保証サービスを申し込むことで保証がもう1年延長される。
ただ、1年の延長保証で7,140円が高いと感じるか妥当と感じるかは人それぞれかな…


2の選択肢はiPodと長く付き合う方は必須でしょうか。
iPodはポータブルオーディオプレイヤーとして持ち歩くので、やはり長期保証は必要不可欠かと。
色んなショップの延長保証サービスを比較した結果、iPodは定価販売だけれどもソフマップが一番良いかと。
掛け金3,000円で5年保証。
(保証内容の詳細についてはコチラコチラを参照)



3はパーソナライズ刻印が必要無い人なら間違いなくここかと。
送料無料を考慮するとSuccessさんが業界最安値でしょうか。

アップルストアやソフマップが定価の34,800円で販売しているのに対して、サクセスiPod31,880円(送料無料)という破格のプライス。






うーん、自分なりにまとめてみましたが、改めて見直しても即決できないですねー…。


実は他にも色々と欲しいモノがあって、そっちでも悩んでいたり。




ipod_224-100.gif





暫くは「悩める華」の時期を過ごせそうです…。
posted by いわもん at 17:30| 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

1元に笑う者は1元に泣く

夜間の業務上、終業時刻が朝方になる事が週に1度は必ずあります。



終業時刻まであともう少し……って時にもう一頑張りって感じで何か飲みたくなりませんか?





そんな時は、会社にある1元カップ自販機がかなり便利です。



1gencoffee.jpg




ブラックコーヒー、シュガーコーヒー、ミルクコーヒー、ココアなど5種類ほどの種類があります。






日本にもカップ自販機がありましたよね…。

値段は確か小さいカップが60円で大きいカップが80円でしたっけ…?

記憶が曖昧ですが、高校生の頃、学校でジュースを飲むといえば、カップ自販機しかありませんでしたから。










1元=14円と考えるとお買い得?なんでしょうか。





ただ、日本みたいにカップの大きさは選べず(小さいカップのみ)、暖かい飲み物しか取り扱われていません。


味のほうは、まぁ…1元らしいレベルです。







先日、朝方まで働いて、「疲れたなー。あともう少しだから1元コーヒーでも飲んで頑張ろうかな(凸)」といつもの様に自販機に1元を入れました。







「ウィーーン」という機械音とともにカップが出てきてそこに熱いコーヒーが注がれるはずが。。。





……数秒待つも自販機沈黙。





故障かと思い、自販機を叩くも「この自動販売機は応答していません。」とWindowsばりのエラーメッセージまで吐き出しそうな位反応無し…。








おかしいなぁ…


と思い、よく自動販売機を見てみると……



















1gencoffee1.jpg






カップなし
















カップ切らすなよ…!!!





って突っ込みたいのは山々でしたが……






お金を入れる前に気付けよ自分…。









管理スタッフに申し出て後でちゃんと1元返って来たのでまだ良かったものの、あまりに自分の注意力の無さが悔しくて、恥を承知でデジカメで撮影(ブログを始めてから常に携帯している)しました。







よく修学旅行や遠足で、解散前の注意で「お家に帰るまでが遠足or修学旅行です」って決まり文句がありますが、仕事でも一緒ですね。





皆様に提言を残しておきます。























1元に笑う者は1元に泣く

(微妙に使い方がズレている気がするのは気にしない…)

※日本に在住の方は、「元」を「円」に直して戒めて下さい。
posted by いわもん at 01:10| 大連 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

真の夜間業務の姿〜ライトセーバーの活躍は持ち越し!?〜

先日、ウチの会社を含むハイテク区一帯が停電しました。





teiden.jpg


写真に写っているのは「突撃!「臭豆腐を食べてみよう!」」でお馴染みのT君。


停電時用に特別に用意された卓上電気スタンドの明かりを頼りに電話応対を続ける姿が何だかフェミニンです。









この時仕事もせずにデジカメを片手に撮影に夢中だったのは自分だけでしょうね…。




事前の予定では2時間ぐらい停電予定でしたが、実質停電していたのは一時間ちょっとでした。






ただ惜しむらくは、クリスマス時に購入していたサーベルの電池を買い忘れていてネタに出来なかった事でしょうか…。

※詳しくは「会社でメリークリスマス♪」を参照のこと。









次に停電だった時は、是非ともライトセーバー使い道勇姿をご紹介したいものです。



teiden.jpg























散々期待させておいて、電池を入れても光らなかったらお終いですが。
posted by いわもん at 00:14| 大連 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月12日

旧正月模様〜灯籠の消費数は世界一?〜

そろそろ旧正月(1月29日)です。


ライブドアチャイナ付近の道路も旧正月模様に染まりつつあります。






準備中

tourou1.jpg











それはそうと旧正月の日付が毎年変わるの知っていましたか?








ちなみに自分は、この記事を書いている時点では勿論知っています。

書くまでは知りませんでしたが。








そんな皆様に簡単に太陽暦(正月)と太陰太陽暦(旧正月)の違いを簡単にご紹介しておきましょう。








■太陽暦(新暦)

地球が太陽の周囲を1回転する時間を1年とする。

太陽暦の1月1日を元旦としている場所が殆ど。




■太陰太陽暦(旧暦)

月が地球を1周する時間と地球が太陽の周囲を1回転する時間を併せて作った中国の暦。


※ちなみに日本も1873年までは太陰太陽暦(旧暦)だったようです。





太陰太陽暦(旧暦)では下記のように正月が毎年変わります。

2002 2月12日

2003 2月1日

2004 1月22日

2005 2月9日

2006 1月29日

2007 2月18日

2008 2月7日



※上記はアジアの旧正月様を参考にさせて頂きました。







というワケで、今年の旧正月があと2週間ちょっとに迫っています。





中国での旧正月は爆竹を狂ったように鳴らしまくってお祝いするだけかと思っておりましたが、それだけでは無いようです。



China Door スタッフブログさんによれば「灯籠」を飾ってお祝いするみたい。


そしてこの灯籠には言い伝えがあるようで


昔々、とても恐ろしい怪物がいたそうな。
その怪物の名前は「年(nian)」。
しかし、その怪物「年」にはひとつ苦手なものがあったそうな。
それは「火」。
そこから、毎年旧暦の大晦日になると、人々は銅鑼を鳴らし、「灯籠」に火をともす
ようになったとさ…。



とのこと。



















………なるほど。













そういうことならこの数も頷けるか。










tourou3.jpg

tourou4.jpg

tourou5.jpg






会社近くの道でさえこの装飾なので、旧正月に中国全体で消費される灯篭の数は相当なものでしょうね。




中国ではお年玉も旧正月に貰えるらしいのですが、自分は学生の去年までは年々減ってはいくもののお年玉あったけれど……





流石に今年は何も無かったな当たり前か)。




強いて言えば正月にマックで貰ったコーラ(小)の引換券がお年玉かな。





まぁ「お正月は中国のマックから」を見て頂ければ分かると思いますが、見事にせっかくのお年玉をパァにしちゃいましたが。


しかしここは中国。

この前「郷に入りては郷に従え」と書きましたが、旧正月こそが日本で言う正月。




きっと良いことあるはず……。























…と信じたい(弱)。
posted by いわもん at 16:10| 大連 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月11日

中国の美味しいパン屋さん〜カビパンは死語?〜

通勤時に使用する電車の駅前に昨年の夏頃に美味しいパン屋さんができました。


opera1.jpg



ここで売られているパンは店の名前でもある「欧貝拉(Opera)」というブランドのパッケージに包まれています。

Operaと聞いてコッチのOperaを連想したアナタはかなりのPC好きですね?


最近はフルブラウザの携帯に搭載されていたりするので、あまり意識していなくても使っている方も多いかもしれませんが。







おっと話が逸れました。

ちなみに「約束された更新」でAさんにプレゼントした餞別もこのパン屋さんで購入しました。



(詳しくは「約束された更新」の餞別写真を参照のこと)
















中国で売られているパンで最もメジャーなのは「毛毛虫」パンです。



kekemusipan.jpg



日本では、「毛虫=害虫」なので、日本での商品化はまず無いと思いますが。



味の方はパンの間にクリームが挟んであって、中国っぽい味がしなくて普通に美味しいです。




写真のようにスプライトとセットで食べると尚良し。



値段もお手頃価格の3元程度。

















余談ですが、一度2週間ほど毛虫パンを放置していたのですが、今にもはち切れんばかりにパッケージが膨張しておりました。


パンを見ると無数の緑色の斑点が…。


日本で言う通称「カビパン(?)」状態。



自分が小学生の頃は、机の中に入れたまま忘れられた給食のパンがカビてると「カビパン」って呼んでいましたが、今はどうなんだろう……。









そんなこと考えてる自分も、もう歳かな……。
posted by いわもん at 23:21| 大連 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

約束された更新

こんばんみ☆




今日はとある人と約束をしていた更新内容をカキカキしております。





そのとある人とは、一年間のインターンシップ契約期間を満了されて昨日?日本へ帰国されたAさんです。







見てますかAさん!?







去年、Aさんの最後の出勤日に餞別を渡したAさんの後ろの席に座っていた青二才いわもんですよ!!











…え?

覚えてない…?



















この写真を見ても思い出せないですか?

cookie.jpg









たったの4元ぽっきりの餞別でしたが、当日は餞別を買うためにいつも出社する時間よりも少し早めに家を出発したのですよ。




Aさんには話しませんでしたが、あの日は中々大変でした。













餞別を手にいつも通り通勤の電車に乗りました。




乗ったのは良いんですが……




























電車、途中で止まっちゃいました。

densyastop1.jpg

densyastop2.jpg







幸い家を早めに出ていたので10分ぐらい待っても動かないようだったら、電車を降りてすぐにバスかタクシーで出社すれば十分間に合う時間でした。




結局10分経っても電車は動かなかったので、直ぐに同僚のT君に電話。





「電車止まったから、バスかタクシーで出社が吉」と。











Aさんは昼間の業務と言えども、業務の関係で我々夜間業務の直ぐ後ろで働くAさんは砂漠に咲く一輪花紅一点の貴重な存在でした。

(Aさんが帰国してからは職場がむさ苦しいですよホント)














そして夜間業務を代表してお礼を言っておきますね。



短い間でしたが、お世話になりました。


そして、Aさんのために餞別を購入していなかったら自分とT君は遅刻していたかもしれません。


餞別以上の貸しが出来てしまいましたね。










だから、餞別を渡す時に



「日本に帰国したら自分のブログを見て下さい」


と、言ったのを覚えていますか?









その時の貸しを返すために、せめて一言お礼を言わせて欲しかったんです。







>Aさん

その節は大変助かりました。

ありがとうございました。


























さて。

湿っぽい話はこの辺にしておいて。



>Aさん

1年間のインターンシップお疲れ様でした!!

インターン経験を生かしての飛躍をお祈りしています!

再会!!!!
posted by いわもん at 23:21| 大連 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月09日

中国のピザハットは宅配ピザに非ず

昨日(日曜日)中国のピザハットに行ってきました。


日本だと宅配ピザをしているピザハットですが、中国では「ピザの高級ファミレス」みたいな感じです。


お昼の12時過ぎに行ったのですが、入り口には席が空くのを待つ人達が溢れていました。




piza1.jpg




この時入ると、店内ではなく寒空の下待たされる可能性がありましたので、適当に周辺のお店を回って時間を潰して入店しました。



ピザハット店内に入る時は、店員が必ず入り口に1人常駐していて、ドアを開けてくれます。


ちなみに店員がドア開けてくれるなんて、日本料理店、中華を問わず、余程の高級店でしか行っていないサービスです。









店員の案内で空いてる席へ。









席に着くとまず目に入るのがコレ。

piza2.jpg






日本では特に何の気なしの光景かもしれませんが、ここは中国。

食器とナイフ、フォークの配置の丁寧さと気遣いは中々目にすることは出来ません。







メニューはこんな感じ。

piza3.jpg



いかにも高級そう?




メニューを開くと、ピザを筆頭にから唐揚げ、ポテト、デザートのサイドメニューまで、ファミレスちっくなメニューが並びます。



そしてやはり価格設定は高級志向


例えばピザの一番安いカテゴリーでさえ、小さいサイズ(2人〜3人前)で48元します。


piza4.jpg






日本人の自分でさえ、「高い」と感じるピザハットですが、お昼時には待たなければいけないほど混雑するので不思議ですよねー。







一緒に行ったのは、自分とほぼ同期で一緒に来た友人M君の2人っきり。

滅多に来ないので、せっかくだし新年限定のセットメニューをオーダー。



「カップルをターゲットにしたセットメニューを男2人で…ホ○?」っていう突っ込みは無しの方向で。




piza5.jpg

piza6.jpg

piza7.jpg

2人で135元なり。







配膳の順番が中国らしかったので、来た順番通りに写真を並べてみます。











まず、鶏のスープ
piza8.jpg










次にフルーツサラダ
piza9.jpg









次にアーモンドケーキ
piza10.jpg







次にピザ
piza11.jpg







最後に手羽
piza12.jpg







見事に出来上がった順番に料理を配膳された感じでした。



このメニューが日本にあるとしたら、きっと配膳の順番はスープorサラダ→ピザor手羽→最後にケーキですよね。





中国を感じさせないピザハットですが、こういう所は中国らしいなぁ、と。








全ての料理が揃った時点で撮影。
ちなみにこの時点で既にスープは冷めてました(泣)。





これがピザハットのカップル向け新年限定のセットメニューです!

piza13.jpg






このセットが2人で135元。





















高ぇよ!!

ピザハット!!




日本円にして1900円ぐらいですが、

中国で1ヶ月も生活すれば、この感覚分かると思います。









味のほうは、一応来たメニューに外れは無かったです。

味付けも全然中華ちっくじゃなかったので、流石は高級店ピザハット。

当然一番美味しかったのは、ピザ。

皮のモチモチ感が「ウンマァァァァ――――――イッッッ!!」って感じでした。



pizashot.jpg







食べ終わってからM君と「高いからもう暫くは来ないでおこう」と話していたら、店員がダイスを振る機械を持ってきて、ダイスを振ってくじ引きがあるとのこと。













結果。



3等。
piza14.jpg

紅茶引換券が当たりました。
(必ず当たるようになっているのですが…)














もう来ない予定が、来ざるを得なくなりました。
(貧乏性なので紅茶一杯のタダ券でも無駄には出来ない)



すっかりピザハットの術中にハメられてしまう自分達でした。




まぁいいですよ。
今度はコレを食べてきます。
piza15.jpg
アフターヌーンティーのお得なセット。
(机の上に紹介の立て札があったので、またもや無意識のうちにピザハットの術中?)














勿論、M君を誘ってね!!

ホ○…?っていう突っ込みは無しの(略)










最後にここまで読んで頂いたオマケとして、隣の席で机の上が料理で埋まる程注文していた家族の写真でもどうぞ。続きを読む
posted by いわもん at 21:06| 大連 | Comment(14) | TrackBack(3) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。